もっとすっきり生酵素に含まれる「生ラクリス菌」「E-12乳酸菌」について、その特徴やメリット等をまとめました。

生ラクリスとE12乳酸菌

生ラクリスってどんな乳酸菌?

生ラクリスは有胞子乳酸菌の一種で1949年に中山大樹博士によって発見されました。
緑麦芽から発見されたラクリスは今までの乳酸菌では得られなかった優れた性質があるんですよ。
生きたまま腸まで届くことから「生ラクリス」とも呼ばれ、腸内で一週間程度常在できる非常に強い乳酸菌です
この「生ラクリス」はアレルギー症状の抑制や便秘の解消、ダイエットなど私たちの体に嬉しい働きをしてくれるので積極的に摂取したいですね。

生ラクリスって何?

有胞子系乳酸菌の特徴とメリット

「生ラクリス」は有胞子乳酸菌であることはさきほどお伝えしましたが、どのような特徴やメリットがあるのか調べてみました。

有胞子乳酸菌とは名前のとおり、胞子をつくることができる乳酸菌です。
胞子をつくれるので熱や酸に強く、悪環境でも生き抜け死滅することがないのが特徴です。
「生ラクリス」は生きたまま腸まで届き長い期間とどまってくれるので、従来の乳酸菌に比べより大きな作用が期待できます
従来の乳酸菌は熱や酸に弱く加工が難しかったのですが、「生ラクリス」はそれらに強く様々な場面で利用できるメリットがあります。

生ラクリスの有胞子乳酸菌とは

ラクリス菌が注目される理由

ラクリス菌が注目される理由は上記にも書いたように胞子性であることが挙げられます。
一般的な乳酸菌は熱や酸に弱いため、胃酸や胆汁などの影響を受け腸に届く前の段階で死滅してしまいます。
その点、生ラクリスは熱や酸に強いので生きたまま奥まで届き、さらに腸内で発芽し活発に増殖します。
生ラクリス菌は悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、アレルギーや花粉症を緩和、コレステロールの抑制、高血圧改善、
アトピー性皮膚炎の改善、便秘予防といったたくさんの利点があります。

ラクリス菌はどんな食品・ヨーグルトで摂れるの?

ラクリスは食品やヨーグルトから摂取できるのかを調べてみました。
その結果、現時点では食品やヨーグルトで摂取できるものはないようです

ですが、手軽に摂取できるサプリメントではラクリス配合の商品がたくさん出回っているので、自分に合う商品を探してみるのも良いかもしれませんね♪
生ラクリス菌は一週間程度、体内にとどまってくれるとはいえ、摂取を継続してこそ効果を実感できると思うので、サプリで手軽に摂取できるのは嬉しい限りです。

生ラクリスはどうやって摂るのか

E-12乳酸菌ってなに?

EC-12は球状の乳酸菌で正式名称は「エンテロコッカス・フェカリス菌」といいます。
生ラクリス菌が生きている乳酸菌なのに対して、EC-12は高度な熱処理を加えた死菌となります。
死菌というとなんだか怖いイメージがあるかもしれませんが、死菌は胃酸や胆汁の影響を受けることなくほとんどが腸まで届きます。
そのため、EC-12を摂取することで乳酸菌の嬉しいサポートを実感できるんですよ。
EC-12に含まれるフェリカス菌はヒト由来、もともと私たちの体内にある乳酸菌なので安心感がありますね。

E12乳酸菌って何?

E-12乳酸菌の特徴とメリット

EC-12にはどんな特徴やメリットがあるのか調べてみました!
さきほどもお伝えしたようにEC-12乳酸菌の最大の特徴は死菌であることと言えるでしょう。
様々な研究の結果、乳酸菌の良い効果を得るには必ずしも生きている菌でなくても良いことがわかってきました。
EC-12を含め、「菌体そのもの」に良い働きがあるそうなんです。
EC-12は酸や熱の影響を受けることなく、腸まで届くから整腸効果やアレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症への嬉しい効能が期待できるんですよ。

E-12乳酸菌はどんな食品、ヨーグルトで摂れるの?

EC-12を食品やヨーグルトから摂取できたらと思い調べてみたのですが、残念ながら食品やヨーグルトからの摂取は難しいようです。
ですが、EC-12は製薬会社などからサプリメントが販売されています♪
サプリメント大手のDHCをはじめ、久光製薬やベビー用品で有名なコンビからもEC-12乳酸菌サプリが販売されていましたよ。

E12乳酸菌はどうやって摂るのか

ちなみに、生ラクリスやE-12乳酸菌をどっちもとれて、ダイエットにも役立つサプリがあります。

ぜひ、こちらのレビュー記事もチェックしてみてください。

⇒「もっとすっきり生酵素の効果は」トップへ